複雑な人間関係になりがちなナース業界

女性の活躍が著しい看護師業界。職場もほとんどが女性であり、人間関係もその分複雑になりがちです。そうした厳しい環境を乗り切るための処世術は、ナースをやっていくうえでは身に着けておいた方が良いかもしれません。どんな業界であっても変わりませんが、やはり大切なのはコミュニケーションです。看護師の仕事というのは、誰かと協力をしあいながら進めていくものが多くあります。基本である採血をするにあたっても、協力しながらやっていきます。一人で黙々と何かを作業するということが少ないという仕事柄、なおさらコミュニケーション能力が問われます。
夜勤があり激務としても知られる看護師業界では、スタッフの補充や転職などもよくあることです。複雑な人間関係が嫌になって、辞めてしまうというナースも珍しくありません。病院から病院へ転職をすれば、その都度職場の人間関係と向き合わなければいけなくなります。だからこそ、コミュニケーションが大切であるわけです。
初めてその職場で働くということになったら、まずは自分がいちばんの下っ端だということを自覚することが重要です。向こうから話しかけてくれることを待つのではなく、自ら積極的に話しかけていくということを心がけましょう。自分と同年代であったりなど、話しかけやすい人を見つけるということも大切です。職場において良好な人間関係を築くことができれば、大変なナースの仕事も楽しく続けることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です