新人ナースの処世術

とりわけ新人ナースにとって、いかに職場に馴染むかということが至上命題になるものです。これは、初めて仕事を始めるという人に共通していえることかもしれませんが、最初にうまく職場に馴染むことができれば、その後の仕事の捗りや仕事のしやすさにも良い影響を与えてくれます。
特に、看護師業界というのは女性の多い職場です。女性が多い職場では結束力が強くなる一方、人間関係のいざこざが起こりやすくもあり、だからこそいかにすんなりと職場に馴染めるかどうかがナースとして働いていくための処世術のポイントとなるのです。そのためには、やはりコミュニケーション能力が大切でしょう。何と言っても新人なので、わからないことがたくさんあるはずです。わからないことがあれば、遠慮せずに先輩や上司にしっかり聞くということが大切です。遠慮をしてしまったり、こんなことを聞いてもよいものかと二の足を踏んでしまって結局ミスをしてしまえば、それだけ信頼を失うことにもなりかねませんよね。
わからないことを先輩に聞くというのは、実は簡単ではないかもしれませんが、わからないことを聞くことでそれがコミュニケーションのきっかけともなり、職場に馴染みやすくなることもあるのです。先輩の看護師も、新人の看護師に対してはかなり気を使っているものです。新人からアドバイスを求められたら、先輩看護師もちゃんと答えてくれるものです。まずは、こまめにコミュニケーションをとるということを考えてみると良いでしょう。新人ナースにぴったりなサイトがありました。⇒◆ナースの処世術講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です