処世術が上手いナースの優れた接客術

病院の経営者は、患者からの評判を気にしています。病院について良い噂が立てば、病院を利用する患者を多く獲得することができます。そのため、病院経営者は、所属する医療スタッフに対して、接客についても十分な研修を行っています。
病院の中でナースが心がけるべき処世術としては、患者の方々から評価される人物であることを心がけることです。得に、トラブルが生じたときにこそ、接客が上手なナースとしての手腕が問われる場面です。受付業務で患者と接していると、各種の手続きなどで患者とトラブルが生じることはよくあります。そのような時、たとえ相手に確実に非があると考えられたとしても、接客の態度に気をつけるのが重要なポイントです。たとえ相手側に問題があっても、それを直接指摘すると、かえってトラブルは大きくなりがちです。処世術が上手いナースであれば、相手の納得を着実に得ながら、問題の解決に導く実力を持っています。このような医療スタッフであれば、患者からの信頼も厚く、評価も優れています。その働きぶりを病院経営者が知れば、病院内での出世にもつながります。
出世の競争が激しい病院内では、普段の隙のない接客の心がけが、大きく結果を左右します。接客の地道な努力がやがては実を結び、有利な立場に立って仕事ができるようになるでしょう。早期に出世を果たしている人たちは、出世に何が大切であるかの要点を心得ていて、仕事の上でも実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です